CSR

CSR

CSRの考え方

ブリヂストングループは「CSRは経営そのもの」という考えの下、CSR活動全般のレベルを上げることを目指して日々の事業活動を行っています。こちらのページではCSR活動の一例をご紹介します。

多様性の尊重に関するブリヂストングループの考え方

ブリヂストングループは、さまざまな価値観や個性を持つ人々が「働きやすく、活躍できる」職場環境を提供します。
そのためには、

・世界の国々の文化や慣習の違いを認識し、尊重します。
・多様な個々人の、多様な視点からのアイデアに共感し、新しい価値を創出します。
・さまざまなライフステージにおいて安心して仕事ができ、更にその能力が充分発揮できるシステムを構築します。

そして最終的に、「従業員の満足度向上」「企業の活性化と成長」「ステークホルダーの利益向上」につなげます。