デジタルイノベーション推進 | 事業紹介 | ブリヂストンソフトウェア株式会社

事業紹介

デジタルイノベーション推進

IT業界における最新技術を調査し、その目利きを行い、さらなる業務支援や販売支援につなげる、技術の種を見つけ出すのがデジタルイノベーション推進事業です。また、昨今「モード2」や「SoE(System of Engagement)」と呼ばれる高速開発&継続的デリバリーが必要とされる新しい領域に対応するアーキテクチャや開発技術・プロセスの導入、データエンジニアリング力の強化にも積極的に取組んでいます。そして、当社システム開発における標準開発テンプレートの改善・教育も重要な役割です。この開発テンプレートにより、システム開発における効率化、迅速化を可能としています。

世の中にあるIT技術の目利きを行い、ブリヂストングループに生かす

ブリヂストンソフトウェアでは、ブリヂストングループの各種システムの開発、運用をしていますが、IT業界の最新技術動向とグループ各社のニーズなどを見極め、常にシステムの最適化や新たな可能性を模索しています。

具体的には、さまざまなベンダーが主催する国内外フォーラム等への参加やIT業界における人脈を活用した最新技術の調査・研究です。また、ビッグデータ、AI、ML、Cognitive Service、パブリッククラウド、DevOpsといった特定のテーマを設定した上での技術検証・プロセス検証なども実施しています。

こうして集められた技術は、将来的なニーズや導入コスト、実装化にかかる時間、システム自体の信頼性などをもとにふるいにかけ、有効である可能性が高ければさらに検証していきます。

スマートデバイスアプリの更なる活用にむけて

近年では、デジタルイノベーション推進として、スマートフォンやタブレットPCのアプリを開発、検証しました。ブリヂストンが主催し、ブリヂストンスポーツが企画運営するゴルフツアー「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」専用のアプリです。

ゴルフトーナメントの新しい楽しみ方の訴求、会場内での情報発信、マーケティング媒体としての可能性などを検証するために実施したもので、アプリ自体は選手の位置情報表示やTV放映時間と連動した会場内/外でのスコア速報開示制御などの機能を組み込んだもの。今後、同アプリで検証した技術は、スマートフォンやタブレットPCを使った販売店の市場調査やビーコン機能を使用した販売促進、画像解析技術と組み合わせたサービス向上など、さまざまな業務への活用が期待されます。

■配信情報  
大会ニュース、スコア速報、ペアリング
出場選手情報、選手位置情報、イベント情報、現在地情報など

開発テンプレートの標準化によりシステム品質の向上、開発期間短縮を図る

ブリヂストンソフトウェアでは、ブリヂストングループ各社からのシステム開発などの要請に対し、より迅速に、より高品質に、よりセキュアなシステムを提供するため、独自の開発テンプレートを製作しています。

この開発テンプレートは、「.NET Framework」をベースにして作成されており、ブリヂストンソフトウェアにおけるシステム開発の社内標準仕様と言えるものです。プログラミングにおける個人の癖や重複作業を排除することで、従来の開発スピードの大幅アップを実現しています。

また、開発テンプレートを浸透させるため、社内各部門へのトレーニングを行うとともに、担当部門が開発支援を行っています。